ミライ+コロナの兆しを感じられる記事を
募集しています

SHARE

09. 産業と技術革新の基盤をつくろう

全459件

「就職氷河期」支援へ連携 山形でプラットフォーム会議

発表 2020年9月9日

出典 山形新聞

SDGs

⑧仕事と経済⑨産業と技術⑩不平等

生活分類

抜粋

バブル崩壊後の就職難だった1990年代半ばごろから約10年間の「就職氷河期世代」を支援するため、県内の経済や労働の各団体、行政機関などによるプラットフォームの会議が8日、山形市の山形労働局で開かれた。……

県内でネット販売急増、過去最高 6月は50.8%、実店舗での販路拡大も

発表 2020年9月15日

出典 山形新聞

SDGs

③健康と福祉⑧仕事と経済⑨産業と技術

生活分類

抜粋

山形銀行のやまぎん情報開発研究所が総務省の家計消費状況調査を分析した結果、新型コロナウイルス禍によりインターネットで買い物・消費をした世帯の割合が6月は50.8%で、3月比で7.0ポイント増えたことが……

浜松出身ユーチューバー三海さん 市職員に動画制作伝授

発表 2020年9月17日

出典 静岡新聞

SDGs

⑧仕事と経済⑨産業と技術⑰パートナーシップ

生活分類

抜粋

浜松市は16日、フィリピンで人気のユーチューバーで市の「やらまいかアンバサダー」を務める三海郁弥さん(25)=同市出身=を講師に招き、市職員らを対象にした広報活動のための動画制作研修を中区の市消防局で……

植物由来の代替卵「ジャスト・エッグ」が全米で販売網を拡大

発表 2020年9月10日

出典 Forbes Japan

SDGs

②食料③健康と福祉⑨産業と技術⑫生産と消費⑬気候変動

生活分類

抜粋

植物由来食品を販売するイート・ジャスト(Eat Just)は2020年9月2日、販売網を大幅に拡大すると発表した。同社が製造する植物由来の代替卵商品は、9月末には1万7000店を超える全米各地の店頭に……

車道の使い方を市民が決める。バルセロナの「スーパーブロック計画」とは

発表 2020年9月11日

出典 Forbes Japan

SDGs

⑨産業と技術⑪まちづくり⑰パートナーシップ

生活分類

抜粋

博報堂生活総合研究所「生活圏2050プロジェクト」刊行の『CITY BY ALL ~ 生きる場所をともにつくる』は、人口減少や少子高齢化、気候変動、社会的格差の拡大など、様々な社会変化や危機に対して、……

「非接触エコノミー」が到来、米国発・コロナ時代の新技術

発表 2020年9月11日

出典 日経ビジネス

SDGs

③健康と福祉⑨産業と技術

生活分類

抜粋

2020年、人類そして企業は大きな岐路に立たされた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、人が集まったり移動したりするビジネスはその前提が覆された。そして必要不可欠になったのが非接触で、安全に品物やサ……

バーガーキングが先導する、「コロナ時代」のファストフード店

発表 2020年9月10日

出典 Forbes Japan

SDGs

③健康と福祉⑨産業と技術

生活分類

抜粋

米ハンバーガーチェーン大手のバーガーキングは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対応した新たな店舗設計案を発表した。店舗全体を小型化しつつ、ドライブインなど持ち帰りサービスの機能を強化……

自販機で遠州織物マスク 浜松魅力発信館、苦境続く伝統産業支援

発表 2020年9月8日

出典 静岡新聞

SDGs

③健康と福祉⑨産業と技術⑪まちづくり

生活分類

抜粋

浜松市中区の浜松魅力発信館「ザ・ゲート・ハママツ」の屋外に7日、静岡県西部の伝統産業「遠州織物」の9事業者が製作した18種類の布マスクを取り扱う自動販売機が設置された。新型コロナウイルスの感染拡大で苦……

濃厚接触、LINEで通知 松崎町がコロナ対応システム運用開始

発表 2020年9月7日

出典 静岡新聞

SDGs

③健康と福祉⑨産業と技術

生活分類

抜粋

松崎町は、無料通信アプリLINE(ライン)で新型コロナウイルス感染者との濃厚接触の可能性を知らせるシステム「まつざきほっとライン」の運用を始めた。感染拡大防止や客情報を把握する際の施設の負担軽減が狙い……

[米国] 家族経営の店はパンデミックを生き残れるのか?

発表 2020年8月27日

出典 Financial Times

SDGs

⑧仕事と経済⑨産業と技術⑫生産と消費

生活分類

抜粋

パンデミック前にもすでにEC企業や小売大手の成長によって苦しんでいたアメリカの個人・家族経営のビジネスが、パンデミックによってとどめを刺されてしまう可能性が出てきている。 Is this the……

フリーワード検索

SHARE

継続的な取材・更新のために、
皆様からの寄付を募集しています。