ミライ+コロナの兆しを感じられる記事を
募集しています

SHARE

08. 働きがいも 経済成長も

全260件

コロナで進むか脱・都心 転職で高まる「求む!地方」

発表 2020年5月29日

出典 NIKKEI STYLE

SDGs

③健康と福祉⑧仕事と経済

生活分類

抜粋

新型コロナウイルスの影響により、3月以降、多くのビジネスパーソンが在宅でのリモートワークに移行しました。数カ月がたち、このワークスタイルが板についてきた今、これからの働き方・暮らし方を見つめ直す人が増……

旅行中の感染には補償付き、キプロスが6月から観光客を受け入れ

発表 2020年6月2日

出典 タイムアウト東京

SDGs

③健康と福祉⑧仕事と経済⑫生産と消費⑰パートナーシップ

生活分類

抜粋

国境の再開計画を発表した国のリストにキプロスが加わった。この地中海の島国では、国境を再び開く準備がほぼ整っている。まず入国できるのは特定の国からの旅行者となる。また、旅行者を呼び戻す工夫もユニークだ。……

性悪説「社員管理」の限界 新型コロナで浮き彫りに

発表 2020年3月18日

出典 NIKKEI STYLE

SDGs

③健康と福祉⑧仕事と経済⑨産業と技術⑫生産と消費

生活分類

抜粋

日本的雇用慣行の柱だった「終身雇用」の制度としての限界が指摘されるなか、「自分は転職する気はないから関係ない」と思っていても、変革は外から突然、勝手にやってくるものです。実際に、2020年は働き方が大……

発表 2020年4月11日

出典 AFP BBNEWS

SDGs

①貧困②食料③健康と福祉④教育⑧仕事と経済⑩不平等⑪まちづくり⑫生産と消費⑯平和と公正

生活分類

抜粋

【4月11日 AFP】イタリアの犯罪組織が影響力を拡大すべく、貧困層に食料を配り、さらに貧困層へ無利子で融資するよう貸金業者に命じていると、反マフィアの著作で知られるイタリア人作家、ロベルト・サビアー……

スペイン、ベーシックインカムを承認 コロナによる貧困に対応

発表 2020年6月1日

出典 Forbes

SDGs

①貧困③健康と福祉⑧仕事と経済

生活分類

抜粋

【6月1日 AFP】(写真追加)スペイン左派政権は5月29日、ベーシックインカム(最低所得保障)制度を閣議で承認した。新型コロナウイルスの感染拡大に由来する貧困の急増で、多くの世帯が食料支援への依存を……

世界最上級の「ノーマ」が予約不要の店として再開 シェフの思いは

発表 2020年5月31日

出典 Forbes

SDGs

①貧困②食料③健康と福祉⑧仕事と経済⑫生産と消費⑯平和と公正

生活分類

抜粋

5月21日、政府のコロナ対応措置により休業していたデンマーク・コペンハーゲンのレストラン、「ノーマ(noma)」が、新しい営業モデルで再開した。ノーマは、食材や手法の研究を通した新たなイノベーションで……

韓国のカフェにロボットバリスタ登場、社会的距離確保に一役

発表 2020年5月26日

出典 REUTERS

SDGs

③健康と福祉⑦エネルギー⑧仕事と経済⑨産業と技術⑩不平等

生活分類

抜粋

[大田(韓国) 25日 ロイター] - 韓国の大田(テジョン)にあるカフェでは、ロボットの「新人バリスタ」が丁寧で機敏な接客サービスを提供している。 「ルイボス・アーモンド・ティー・ラテになりま……

世界のコーヒー消費量 新型コロナウイルスで「相当な減少リスク」 家庭外市場で懸念深刻に

発表 2020年4月27日

出典 食品新聞

SDGs

①貧困③健康と福祉⑧仕事と経済⑫生産と消費⑯平和と公正

生活分類

抜粋

国際コーヒー機関(ICO)はこのほど、19/20年度(19年10月~20年10月)のコーヒー世界消費量は18/19年度比で0.7%増の1億6千934万袋と推定されるものの、新型コロナウイルスにより相当……

【写真特集】コロナ禍照らし出す独創性、新しい外食スタイル

発表 2020年5月29日

出典 AFP BBNEWS

SDGs

②食料③健康と福祉⑦エネルギー⑧仕事と経済⑨産業と技術⑩不平等

生活分類

抜粋

5月29日 AFP】小さなガラス温室や優雅に着飾ったおしゃれなマネキン──新型コロナウイルス対策でソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)が求められる中、各地で新しい外食スタイルの試みが行われて……

動画:父親乗せて自転車で1000キロ超走破、15歳少女にインド代表のトライアル打診

発表 2020年5月25日

出典 AFP BBNEWS

SDGs

①貧困③健康と福祉⑦エネルギー⑧仕事と経済

生活分類

抜粋

5月25日 AFP】新型コロナウイルスの流行に伴う封鎖措置が敷かれたインドで、けがをした出稼ぎ労働者の父親を15歳の少女が地元の村まで1000キロ超も自転車をこいで連れ帰るという出来事があり、この少女……

フリーワード検索

SHARE

継続的な取材・更新のために、
皆様からの寄付を募集しています。