認知症世界の歩き方カレッジにようこそ!

もっとこの認知症世界のことを知りたい!学びたい!

そんな皆さんのための学びの場、それが認知症世界の歩き方カレッジです。

 

一人で自分や自分の大切な人のために、認知症の理解を深めるためにも、

家族やご近所さん、地域住民で認知症のことを学ぶ際にも、

医療・介護・福祉に関する仕事につく皆さんが、ご本人視点で認知症のことを学ぶ時にも、

認知症フレンドリーなまちづくりを進める地方自治体の現場や研修でも

高齢者向けの商品・事業・サービス開発に取り組む企業の開発・マーケティング部門でも

認知症のある方を含めた多様なお客様と対面する店舗・交通機関・金融機関などの現場でも

誰もが、「認知症世界」のことを楽しみながら学べるプログラムをご用意しました。

 

さあ、学びの旅のはじまりはじまり。

 

 

3つのプログラム

自分の知識習得レベルを確認し、腕試しする

仲間との対話を通じて、認知機能障害と生活の困りごとを学ぶ

 

オンラインのゲーム形式でこの世界の旅を体験する

 

カレッジへの参加方法

■ 認知症のある方や家族、認知症に関心のある全ての方

  1. 「検定」を受験して、認知症の基礎知識を確かめる
  2. 「ダイアログ」に参加して、対話を通して理解を深める
  3. 「Play!」に参加して、認知症ご本人の視点から認知症世界を学ぶ

■ 医療・福祉・介護、自治体関連の方

  1. 「検定」を開催して、職員が認知症の基礎知識を習得する機会をつくる
  2. 「ダイアログ」を開催して、職員が対話を通して認知症への理解を深める機会をつくる
  3. 「Play!」に開催して、職員が認知症ご本人の視点から認知症世界を学ぶ機会をつくる
  4. 「認知症世界の歩き方 研修 for Public」を開催し、自治体における認知症フレンドリーなまちづくりや、医療・福祉・介護関連の事業者が抱える認知症のある方の暮らしの環境改善に取り組む

■ 関連する民間企業の方

  1. 「検定」を開催して、認知症の基礎知識を習得する機会をつくる
  2. 「ダイアログ」を開催して、社員が対話を通して認知症への理解を深める機会をつくる
  3. 「Play!」に開催して、社員が認知症ご本人の視点から認知症世界を学ぶ機会をつくる
  4. 「認知症世界の歩き方 研修 for Business」を開催し、認知症のある方やその家族を対象とした、認知症フレンドリーな商品・サービス・空間等の事業開発/改善に取り組む。

 

認知症世界の歩き方 公認ファシリテーターになる

検定」「ダイアログ」「Play!」の3つのプログラムは、ファシリテーター養成講座を受講し、公認ファシリテーターになることで、みなさんがお住まいの地域や所属する組織の中で、本ゲームを用いたワークショップを主催・開催することが出来ます。

詳しくは「公認ファシリテーターになるには」をご覧ください。

プログラム開講状況

日本全国で「ダイアログ」や「Play!」のプログラムを開講しています。