認知症世界の歩き方
STORY 13

カイケイの壁

支払い終わるまでが冒険だ!

認知症世界。この世界には、お会計というゴールにたどり着くまでに、数々のトラップが潜んでいる高い壁がそびえ立っているのです。

この世界屈指のクライミングスポット・カイケイの壁は、なんと、とあるスーパーマーケットの目の前にそびえ立っています。ほぼ直角のこの壁を登り始めると……。
時には記憶の溝にはまり、どこに手を伸ばせばいいのか次の動きがわからなくなる。時には巨大な生き物の鳴き声に驚き、注意を奪われる。目の前の空間が歪み、足を滑らせ踏み外す。タイムリミットは数十秒。この断崖絶壁のアドベンチャーに挑む道のりには、さまざまな難所が待ち受けています。

心身機能障害

「カイケイの壁」に直面する背景には、
以下4つの認知症に伴う心身機能の障害が考えられます。

  • 簡単な数の計算ができない
  • 小さな環境変化に柔軟に対応できない
  • 慣れ親しんだ手続き・習慣を想起・実行できない
  • 複数のモノ・ことから正解や最適解を選択・判断できない