認知症世界の歩き方
STORY 1

ミステリーバス

行くあてのないバスから、
あなたは降りられるか?

認知症世界。この世界には、乗り込んでしばらくすると、記憶をどんどん失ってしまい、行き先がわからなくなる不思議なバスがあるのです。

この世界の玄関口・ディメンシア港の前に、旅人ならだれもがお世話になる島内周遊バスが停まっています。さぁ、旅の始まりです。
順番に乗り込み、バスが出発し、窓の外を見ていると……たちまち「あれ、ここどこ?」「なんで乗ってるんだっけ?」「どこから来たんだっけ?」と、だれもが首を傾げることに。実はこのバス、これまでの道のり(過去)、現在地(今)、旅のプラン(未来)が全部わからなくなってしまう、不思議な乗り物だったのです。

心身機能障害

「ミステリーバス」に直面する背景には、
以下3つの認知症に伴う心身機能の障害が考えられます。

  • 体験や行為を記憶(記銘・保持・想起)できない
  • 知識・情報を記憶(記銘・保持・想起)できない
  • 自分の思い(考え・意図)とは異なる行動をしてしまう