認知症世界の歩き方 ダイアログとは?

認知症世界の歩き方 ダイアログとは、 仲間との対話を通じて、認知機能障害と生活の困りごとを学ぶ対話型ワークショップです。

映像やカードツールを使いながら、 認知症のある方が暮らしの中で直面する困りごとや背景にある心身のトラブルや状況を、

参加者同士で話し合いともに考えることで、認知症への理解を深めていきます。

 

 

「ダイアログ」は2022年2月より順次提供予定です。

最新情報はFacebookグループで発信しますので、興味のある方は下記のリンクからご参加ください。

 

ゲームの3つのポイント

認知症世界を旅する映像を通じて体験できる

認知症世界を旅する映像を通じて体験できる

認知症世界のちょっと不思議なスポットをアニメーション型動画で楽しむことができます。

ストーリーは全部で13本。

認知症のある方が体験する困りごとを本人の視点で知ることができる

認知症のある方が体験する困りごとを本人の視点で知ることができる

参加者は認知症世界の旅の映像を視聴した後、机の上に並ぶ「日常生活での困りごとカード」から、映像に関連のあるものを予想し、選択します。

約30枚の中から、なぜそれを選んだのか、参加者同士で対話をしながら理解を深めます。

参加者同士の対話で考えを広げる

参加者同士の対話で考えを広げる

映像とカードツールをヒントに、同じグループの参加者同士で、それぞれの捉え方や考え方をシェア。

ファシリテーターの解説とともに、より理解を深めてください。

体験者の声

「認知症世界の歩き方Play!」を研修などで活用するには

「認知症世界の歩き方Play!」を活用した研修やワークショップを開催したい方は、「研修メニュー」をご覧の上、事務局へお問い合わせください。なお、ゲームツール単体での販売は行っておりません。