認知症世界の歩き方 ダイアログとは?

「 認知症世界の歩き方 ダイアログ 」とは、認知症ご本人の視点で認知症について楽しく学ぶことができるカードゲームキットです。

認知症のある方の困りごとがわかる「 困りごとカード 」や認知症のある方の心身のトラブルがわかる「 心身機能障害カード 」、旅のアニメーションムービーを使いながら、仲間との対話を通じて、認知症のあるご本人の視点で認知症について学んでいきます。 遊び方は全部で4つ!ご家族や友人で楽しくカードゲームをプレイし、認知症について知識を深めていきましょう。

 

 

■ ダイアログカードゲームキットご購入の方へ

キットに入っている得点表が不足した方は、こちらよりデータをダウンロードし、印刷してお使いください。

得点表ダウンロードはこちら

ゲームの3つのポイント

①認知症世界を旅する映像を通じて体験できる!

①認知症世界を旅する映像を通じて体験できる!

認知症世界の歩き方ダイアログは、ただのカードゲームではありません!

認知症の方が生きている世界を楽しく学べることができるアニメーション動画を活用しながら遊ぶカードゲームです。

ストーリーカードのQRコードから動画を読み取り、認知症世界のちょっと不思議なスポットをアニメーション動画で楽しむことができます。

ストーリーは全部で13本。あなたはどの世界をのぞいてみますか?

②認知症のある方ご本人の視点を4つの遊びから学べる!

②認知症のある方ご本人の視点を4つの遊びから学べる!

認知症世界の歩き方ダイアログの遊び方は、1つではありません!

遊び方は全部で4つ!
①トラベラーゲーム
旅人になって、認知症世界で起こることを体験できるゲーム。

②ナン・デ・コマール
認知症のある方はナンデ困ってるのか、困りごとの原因を考えるゲーム。

③カモカモ・みっけ!
認知症のある方が生活で困るカモしれないことを予測し当てるゲーム。

④ともに歩く対話バトン
日常生活の困りごとを家族や介護者と相談し、話し合える。

ストーリーカードや心身機能障害カードを使いながら、全部の遊びをやってみましょう!ゲームをプレイするたびに、新しい学びや気づきに出会えるはずです。

③参加者同士の対話・話し合いで考えを広げられる!

③参加者同士の対話・話し合いで考えを広げられる!

認知症世界の歩き方ダイアログは、一人で遊ぶカードゲームではありません!

最大の特徴は、一緒にプレイする友達や家族との話し合いの時間です。映像やカードツールをヒントに、同じグループの参加者同士で、それぞれの捉え方や考え方をシェア。

他の人と話し合いをすることで、あなたにはなかった考えや気づきを得られることができます。対話を通じて、学びをさらに深めていきましょう。

体験者の声

「認知症世界の歩き方Play!」を研修などで活用するには

「認知症世界の歩き方Play!」を活用した研修やワークショップを開催したい方は、「研修メニュー」をご覧の上、事務局へお問い合わせください。なお、ゲームツール単体での販売は行っておりません。