震災20年神戸からのメッセージ発信事業 市民アンケート

皆さんの経験一つひとつが神戸の財産です。震災の教訓や知恵を日本に、そして世界に伝えるためにご協力ください

2015 年 1 月 17 日、阪神・淡路大震災から 20 年が経過します。

20 年間の復興の過程で、神戸では、医療、福祉、子育て、地域コミュニティ、まちづくり、防災、教育など、さまざまな社会課題解決のための市民活動や市の事業が行われてきました。また、震災の経験を活かし、多くの神戸市民が東日本大震災をはじめとした日本各地、世界各地で、支援を行ってきました。その活動は、今や、生活に密着した場にまで、広がっています。

そこで、神戸市では、震災 20 年を機に、神戸で生まれた震災の教訓や知恵を集め、日本に、そして世界に発信するプロジェクト
「震災 20 年神戸からのメッセージ発信」を実施します。
そのプロジェクトの一環として、市民の皆さんの経験をより多くの方と共有するためのアンケートを実施します。調査結果は、現在公開中の特設ウエブサイト内でご紹介していきます。

皆さんの経験一つひとつが、神戸の財産です。
震災の教訓や知恵を日本に、そして世界に伝えるために、ご協力ください。
一人でも多くの皆さんの参加をお待ちしています。

なお、このアンケート調査についての
お問い合わせは、

神戸市広報課
Tel. 078-322-5013
Fax. 078-322-6007
Mail. kobecity001@office.city.kobe.lg.jp