issue+design BRONZE

神戸耐震大学

作者 : 白木彩智 田村弘昭 山田聰 河村有里

作者からのコメント

すまいの耐震化を進めるために、“人”が“人”の為にできること。 どんなに素晴しい機能や革新的な技術があっても、そこに“人”の思いや、誰かの為に何か したいと思っている“人”がいなければ“人”の気持ちは動かないのだと思います。 最後に人の気持ちを動かすのは人。 神戸耐震大学という新しい仕組みにはそんなあたたかなつながりや人を生み、救える命を守りたい。そんな願いがこめられています。

講評

審査員、市民双方から評価が高かったデザイン。被災都市・神戸に蓄積された耐震、防災に関する知見を集積し、「市民大学」という教育機関をデザインするというコンセプトが高く評価されました。しかし、現実的に大学を作ることを想定した場合の運営・資金面のハードルについての検証が十分ではなく、実現までには数段階のハードルがあるため、Bronzeという評価となりました。なお、今後は神戸市を中心に、実現可能性を検証するプロジェクトを実施する予定です。

氏のプロフィール

このテーマに関する みんなの声

ハッシュタグ : #iplusd_s06