issue+design GOLD

食品衛生管理紙

作者 : 後藤萌 姉川伊織 羅元啓

作者からのコメント

自分の口に入るものは、自分の手で管理する。 最も重要なことは、私たちが自らの手で食品の安全を守れること。 それによって安心な食生活がおくれることだと考えました。 そのための仕組みとして、期限表示の新たなあり方を提案します。 生活者の近くにすでに存在しているもので、明日からでも始められる。 自らの手で簡単に食品の安全管理を行うためのレシートのデザインです

講評

「課題解決の貢献可能性」87.8%(2011年2月17日現在196票の投票中)とウェブサイト上での市民投票で最も評価が高かったデザイン。買い物をする度に必ず受け取るレシートにごく自然なかたちで新たな役割をあたえ、冷蔵庫内で人知れず期限を迎え泣く泣く廃棄される食品の賞味期限を、レシート上と冷蔵庫表面で可視化する仕組みが高く評価されました。また、デザインの持つ「複雑な課題の本質を捉え、そこに調和と秩序をもたらす力」を活かし、複雑な仕組みを用いず、レシートの表記方法をリデザインするというシンプルな解決手段に辿りついたことも評価のポイントです。今後は、神戸市内外の流通の参加を募り、実現可能性を検証するプロジェクトを実施する予定です。

氏のプロフィール

このテーマに関する みんなの声

ハッシュタグ : #iplusd_f04